タロットカード



タロットカードの大アルカナ22枚のカードの意味

タロットカードは、個人の考えや感情を探る方法や、仕事、金銭、愛情、人間関係、健康などを鑑定する方法、二人の人間の関わりや縁、その行く末を探る方法など、いくつかの占い方があります。
このページでは、最も簡単な一人占いのやりかたを紹介します。

やりかたはとても簡単です。まず22枚の大アルカナカードを、裏返してテーブルの上に置き、カードの山を崩して、裏返しのまま両手で混ぜます。またはトランプのカードをきるように、混ぜてもいいでしょう。
混ぜ終わったら、ひとつにまとめ、片手及び両手に持ち、その時占いたいことに精神を集中させ、重ねたカードの中から一枚抜き取ります。
抜き取ったカードは、上下が逆にならないように気をつけ、表に返してください。行動すべきか否か、相手の気持ちはどうかなど、迷っているときに、その一枚のカードがヒントになります。

むろん、たった一枚のカードで、問題の核心がすべて表されるわけではありません。ただその一端がわかるだけでも、何かしらの参考にはなります。また、タロットカードが表す意味は、抽象的で複雑なので、それらを頭に入れるのに時間がかかります。カードに親しみ、意味を覚えるためにも、一人占いは役に立つでしょう。

それでは、以下に、カードが表す意味を紹介します。タロットカードには正位置と逆位置があり、絵柄が逆さまになっている状態が逆位置です。正位置はおもに良い意味を、逆位置は悪い意味を表しますが、カードによっては逆位置が良い意味になります。
22枚のカードには、それぞれ名前が付いています。名前のボタンをクリックして、説明文をお読みください。